メイン画像
 · 

オオマシコ(アトリ科)

17.5cm  冬鳥 = 秋、北方から渡って来て越冬する

 山地の林や、平地林の周辺を数羽で群れています。

 

 町内では西部丘陵地で見ることができますが、毎年見られるとは限りません。

 

 アザミなどの草の種や木の実を食べます。

 

 地上に降りて落ちたものを拾って食べることもあります。

 

 水をよく飲み、小川や湧水に集まります。

 

 地鳴きは「チッ チッ」とか「ピィー ピィー」「フィッ フィッ」と鳴きます。さえずりは聞いたことがありません。

 

 写真はオスで、メスは赤色が淡く、薄い縦斑があります。

 

2004年1月号

メニュー

カウンター カウンター