メイン画像
 · 

セイヨウタンポポ(キク科) 3〜9月

 現在はタンポポといえば日本在来のものではなく、セイヨウタンポポを指しているようです。それくらい市街地から里山の道端、高山の駐車場に至るまで日本全国に分布しています。

 

 ヨーロッパ原産、多年草の帰化植物であるセイヨウタンポポの特徴は、総苞(そうほう)片が反り返っています。しかし、近ごろは、はっきりしないものがふえているようです。

 

 明治時代、北海道の札幌農学校創立のころ、食用のサラダ菜として利用するために、日本にもちこんで栽培したと伝えられています。そのときの種が野生化してここまで増えたと考えられています。

 

 また、増え続ける要因として、他の花からの花粉が受粉されなくても種子を作れることです。近年、ほぼ一年中セイヨウタンポポの花がみられますので、季節感が薄らいできたような気がします。

 

2006年6月号

メニュー

カウンター カウンター