メイン画像
 · 

ミヤマホオジロ(ホオジロ科)

16cm 冬鳥=秋北方から渡って来て越冬する

 低山から平地の雑木林に渡来しますが、人里近くでも見られます。木から木へ小群で移動し、地上におり主に稲科や蓼科の草の種などを拾って食べます。

 地鳴きは、「チッ・チッ」、と細く小さく、春になると「チィチュリチュリチェルリィチュ」と囀ります。冠羽と頭部から胸にかけてのコントラストが上品な感じから「エレガンス」ともいわれる美しい小鳥です。

 

2005年3月号

メニュー

カウンター カウンター