メイン画像
 · 

大彗星がやってきた! 〜ゴールデンウイークは大忙し〜

 太陽系を何万年も旅をしてきた2つの大彗星がやっと我々のそばまでやってきました。

 まずリニアー彗星は4月23日から5月19日にかけ太陽と地球に近づき1等星になる予想です。

 チャンスは4月10日4時〜5月5日3時半。毎日わずか15分位、真東の地平線上に顔を出します。

 一方ニート彗星は5月5日夕方7時30分から西の低空に2等星で見え始め日に日に高く条件が良くなり、この頃最も明るくなります。

 尾の長さによってはもっと早い時間から見えるかもしれません。肉眼でも見えますが、双眼鏡があればさらに楽しめることでしょう。
 
 また5月5日朝3時48分からは満月が欠け始めますが、皆既月食になる前に夜が明けます。

 少し先ですが、6月8日は122年振りに金星の太陽面通過が起きます。最大の黒点のさらに3倍の大きさの黒い金星が通過する様子を想像してみてください。でも望遠鏡や双眼鏡では絶対に見ないでくださいね。失明します!!!

※天文台の公開日は5月8日(土)と5月22日(土)です。

 

2004年4月号

メニュー

カウンター カウンター