メイン画像
 · 

岡本あれこれ(13) 城内の地名

岡本城の郭跡(本丸の西側)

 城内には、本丸・二の丸・三の丸・くるわなどと呼ぶところがあります。なぜ丸・くるわと呼ばれたのでしょうか。丸というのは城に対する愛称であり、武士が自分たちの城として親しみと愛情をもてるようにとの願いが込められているのでしょう。

 

 くるわは廓・郭・曲輪などとも書かれ、ある地域の周囲に堀・土塁・塀などで囲んだ場所を呼ぶ時に用いられた言葉です。城に使用する場合は、丸の名に数字を使用するのは三の丸までです。城が大きくて三までで不充分な場合は、個別の名称をつけています。

 

 

 このように、城内にたくさんの地名が付けられるような場合には戦の際に間違わないように色々考えて付けたのでしょう。岡本城にも北惣郭(きたそうぐるわ)・惣郭(そうぐるわ)など2ヶ所の郭のように書かれています。南北それぞれに幾(いく)つかの郭があったようです。

 

平成元年(1989)9月20日 第236号掲載

メニュー

カウンター カウンター