メイン画像

平成22年度 第1回河内地区まちづくり勉強会を開催!!

9月27日(月)下ケ橋・白沢地区で河内地区まちづくり協議会主催の勉強会が,開催されました。

 

今回は,宇都宮大学陣内雄次教授を講師に迎えて,地域まち歩きとワークショップを行い,30名が参加をしました。

また,案内人として,加藤幸雄さん,櫻井基一郎さん,増渕昭さんにご協力をいただきました。

 

実際に,私たちが住んでいるこのまちを歩き,地域で守られてきた資源や生活環境などを目で見,確認することができました。

この情報は,河内地域のマップづくりや地域ビジョン(地域の将来像)の作成に役立てていきます。

 

今後,岡本・田原地区についてまち歩きを行う予定です。

 

今回の3つのコースを紹介します。

 

 

西下ケ橋コース 屋台・谷川・高尾神社・八坂神社・西下ケ橋集落のまちなみ
(参加者の声) 谷川流域には,循環型自然環境,集落には伝統ある歴史。
この二つの特徴がある。
景観がすばらしかった。

 

東下ケ橋・白沢コース 天棚・平将門首塚・三又かや・東下ケ橋集落のまちなみ・浄水場
(参加者の声) 鬼怒川がもたらした文化と歴史が残されている。
農村集落の風景がすばらしく,歴史についてもPRしていってほしい。

 

白沢コース 白沢小学校,白沢宿,総合運動公園,自治センター,福祉センター
(参加者の声) 白沢は,住み良く(自然・水がゆたか),快適で(施設が多く便利),歴史と伝統あるまち。
その良さをいかしていきたい。

東下ヶ橋 天棚見学

ワークショップ

西下ヶ橋集落のまちなみ

メニュー

カウンター カウンター