メイン画像
 · 

釜井台(かまいだい)三区自治会

当自治会は春に、親睦を深めるためにハイキングと称して毎年行き先を変えてバスで(40~50人参加)出かけます。

ちなみに昨年は、志賀高原池めぐりに出かけました。

新緑の空気を胸いっぱいに吸い込んで楽しい会話が弾みました。

今年は、復興ツアーと題して釜石、女川へと足を運びました。

震災から1年半が経過しましたが一向に復興が進んでいない現状を目の当たりにして、一日も早く復興が進むことを願わずにはいられませんでした。

また育成部も親子のふれあいを深めるために、毎年8月~9月にかけて遊園地やバーベキュー大会・ボーリング大会など、40~50人の参加で行い、元気でにぎやかな子どもの声が飛び交って大変楽しいときを過ごしています。

12月には、恒例のもちつき大会が20年以上続いております。
老若男女が毎年130人を超える参加で楽しく愉快に美味しく頂き、子供たちが代わる代わる杵でもちをつく姿は、ほんとうに微笑ましいかぎりです。

その他には河内地区の年間行事(バレーボール男女・ソフトボール・野球・バトミントン・体育祭など)に数多く参加をして自治会相互の親睦も深めています。

また敬老会(弥生会)の活動があり自治会・弥生会合同で年に2回のグランドゴルフ大会を開催したり、近隣自治会との交流を図るため、毎年春には有志によるソフトボール大会も行っております。

この様に沢山のイベントを実施するには組長さんや各役員さんの大変なご努力があっての賜物です。

これまで諸先輩の皆様が築かれた活動(イベント)等をしっかり引き継いで、今後もそれぞれのイベントを通じて親睦を深め自治会会員一人一人の笑顔が見える活動を末永く続けていきたいと思います。

地域情報紙かわち 第34号
(平成24年11月発行)より

メニュー

カウンター カウンター