メイン画像
 · 

サントリーモルティング(株)

わが町かわちの遊歩道「ふれあい通り」

我が社(サントリーモルティング(株))の西側には、遊歩道があります。

 

ここを歩くと最短で岡本駅へ行くことができます。

 

この遊歩道が引き込み線の跡地利用ということをご存知の方は多いと思いますが、我が社にも分岐され引き込まれておりました。

 

その名残は、倉庫群の裏のプラットホーム状の台と扉、梅の木が植えられた細長い三角地に残されております。

 

麻袋にはいった大麦をたくさんの人が倉庫に運び入れていた姿が思い浮かびます。

 

引き込み線の歴史は、1922年(大正11年)に遡り、1914年(大正3年)設立の高崎板紙(株)(現王子マテリア(株))まで伸びておりました。

 

この引き込み線は、沿線の我が社や、汽車製造(株)(現ジェイバス(株))にも分岐されておりました。

 

また、戦中から戦後の一時期は、現在の遊歩道をはさんで図書館の反対側に国鉄大宮工機部岡本工場が設置され、機関車の解体を行っていたそうです。

 

活躍した引き込み線も時代の流れに伴い1984年(昭和59年)にはその役目を終え今の姿に形を変えます。

 

歴史深い岡本で、一時期町の発展を支えた引き込み線、時代は移り、今では、私たちの生活に根付いた遊歩道です。

 

ここを歩くと、今は見えない多くの人のさまざまな息遣いを感じるとともに、未来の岡本への思いが同時に去来するのです。

 

(社長 金山典生)

メニュー

カウンター カウンター