メイン画像

オンラインでも“かわち”への あふるる思いが伝わりました!

河内地区出身の吉本芸人井上マーさんを講師に招いた7月31日の「いきいき河内発見講座」は、感染症対策のため急遽オンライン講座となり、生涯学習センターと井上マーさんの東京の自宅をズームで繋いで実施されました。

 

スクリーンを通じての講演に続いて井上マーさんをコーディネーターに「河内地区ガイドブック」の編集委員6人がパネルディスカッションを行いました。

河内地区の「ゆるキャラ」サキちゃんもパワーポイント操作を担当し生涯学習センターの受講者も東京の井上マーさんも手元のガイドブックを繰りながら一体感のある時間を過ごしました。

 

初めての試みでマイクの扱いなど聞きづらいところもありましたが、「子供のころ僕はここが世界の中心だと思っていました。」と締めくくられた井上マーさんの“かわち”への思いは受講者とスタッフに十分に伝わりました。

そしてコロナ禍に脅かされながらも、今ここに生活している幸せを参加者の多くが感じられる講座になったと思います。

 

なお、9月20日に予定されていた講座は来年度に延期となりました。

メニュー

カウンター カウンター