メイン画像

☆ 済生会宇都宮病院へ乗り入れを検討するためのアンケ―トにご協力を

地域内交通「さぎそう河内号」は、コロナ禍に於いても病院やスーパーなどへ移動する地域住民の足として運行しています。

 

河内地区では平成24年度、デマンド方式(乗合タクシー)導入アンケートを行いました。その結果運行開始したら行きたい地域外施設で、済生会宇都宮病院との回答が576世帯有りました。この度、本格運行開始8年目に当たり、済生会宇都宮病院に乗り入れを検討するためのアンケ―を実施しています。

 

自治会長のご協力を得て、配付・回収を行っておりますので、期日までの提出にご協力だけますようお願いします。

なお、河内地区地域内交通運営協議会に自治会長が提出する期限は11月30日となっています。

メニュー

カウンター カウンター