メイン画像
 · 

ドジョウ水路の草刈りを3年ぶりに実施

グラウンドワーク西鬼怒からの報告

NPO法人グラウンドワーク西鬼怒、西下ヶ橋自治会、アグリネット西下ヶ橋の呼びかけにより52人が参加し、6月26日(日)に西下ヶ橋地区のドジョウ水路(生態系保全水路)の草刈りを実施しました。

 

この水路は、県の農村自然環境整備事業によって創出された2階建てで、上部はドジョウなどが生息しやすい土水路ですマコモ、キショウブなどにより通水障害を起こすことから、平成12年以来、毎年この時期に実施しています。

例年ですと、宇都宮大学、県立白楊高校の学生、生徒など130人前後の参加があるのですが、今年はコロナ禍のため規模を縮小して行いました。

 

折からの猛暑の日でしたが、1時間半の作業で690メートルの水路をきれいにしました。

 

参加された皆さん、ありがとうございました。

 

メニュー

カウンター カウンター