メイン画像

国体会場で まち協 おもてなし

10月2日~3日、サッカー成年男子の会場となった河内総合運動公園では、計5試合10都道府県の選手団や国体関係者、観覧者が来場しました。

 

全国から訪れる選手団や観覧者を心から歓迎し、「食」を通じて地元の魅力を発信する「おもてなし売店」として、河内地区まちづくり協議会とJAうつのみやふれあい朝市出品者協議会が出店しました。

 

まちづくり協議会からは、名物「ゴボウ汁」と逆面の「フクロウ米」、菓子工房吉野(天王原)・小林菓子舗(岡本駅前一区)・ロンシャン洋菓子店(奈坪三区)・和菓子の藤屋(岡本駅前三吉区)協賛による「河内の銘菓詰合せ」、JAうつのみやからは、採れたて野菜や漬物、赤飯等々、様々な「河内の味」でおもてなしすることができました。

 

 

3年ぶりの国体 inかわち

 

メニュー

カウンター カウンター