メイン画像

かわちまちたんけん

“逆面の逆さ井戸の伝説”(前編)

むかしむかしの話です。

田原の郷の山懐(やまふところ)に『逆連(さかづら)』という村がありました。

その村には心が邪(よこしま)な人が覗くと顔が逆さに映ると言われる不思議な井戸がありましたが、夏とは言わず冬とは言わず、清水がこんこんと湧き出していたので、村人たちは野良仕事の行き帰りに顔を洗ったり手足を洗ったりしては美味しい水を頂いていたのだそうです。

 

時は奈良時代の770(宝亀(ほうき)元)年、下野薬師寺の別当になった弓削道鏡(ゆげのどうきょう)という偉いお坊さんがいました。

末寺巡りの途中で乾いた喉を(いや)そうとその井戸を覗くと、なんと自分の顔が逆さに映っているではありませんか。驚いた道鏡は、その訳を知りたいと北側の山裾にある籠り堂に籠っていましたが、光仁(こうにん)天皇に遣わされた下野守の佐伯伊多知(さえきのいたち)に暗殺されてしまいました。

772年のことです。

坊主殺すと3代(100年)(たた)ると言われていた 頃のことだったので、その祟りを恐れた村人は、亡骸を戸板に乗せて薬師寺 まで運んだそうです。

 

以来この地は『逆面(さかづら)』と呼ばれ、その井戸は『逆さ井戸』、籠った窟屋(いわや)は『道鏡の籠り堂』と呼ばれるようになったそうです。

 

後編につづく・・・

 

地域情報紙かわち 第85号

 (令和6年1月発行)より

メニュー

カウンター カウンター